金融会社からお金を借り入れする際の借入審査

MENU

借入審査ナビ

目次

 

借り入れ審査の期間

 

借り入れ審査

金融会社を利用してお金を借り入れしたいという際に、借り入れをする期間を決めなければなりません。借り入れをする期間によって、利息が異なってきますので、出来るだけ早く返済をした方が、利息は最低限に抑えることが出来るのです。

 

金融会社のホームページには、借入金額と返済回数、利息を入力することで返済シミュレーションをすることが出来るページがありますので、そのようなページを利用することが出来て、計画的に無理のない返済をしていくことが出来るプランを立てることが出来るでしょう。

 

その為、借入をする前にはそういったシミュレーションを必ず行ってから返済をするようにしましょう。少しでも利息を減らすために返済回数を少なくしすぎてしまうと、返済が滞ってしまう事にもなりかねませんので、余裕のある月は繰り上げ返済をするなど、借入をした後からでも、返済を早くする方法はありますので、自分にあった借り入れ方法・返済方法を見つけて利用していくことが出来るといいですね。

 

借り入れ審査から実際に融資可能となるまでの期間は最短即日融資可能な金融機関もありますので、借り入れ条件をチェックしたうえで、選んでみると良いのではないでしょうか。

 

借り入れ審査の年収

 

借り入れ審査

お金が必要になり、借入を検討するときにはどのような手段があるでしょうか。消費者金融や銀行系カードローンといった金融機関から借り入れをする方法が一番手っ取り早くて、気兼ねなく借り入れをすることが出来る方法ではないでしょうか。

 

借り入れ審査の場合には、高額なローンであれば年収が審査基準になることもあるでしょうし、消費者金融からの借り入れの場合は年収の3分の1以下の金額しか借り入れをすることが出来ないので、年収は重要な審査基準となるでしょう。

 

しかし、低収入だという方でも、安定した収入があれば、その収入に応じて借入をすることが出来ますし、アルバイトやパート・派遣社員や契約社員といった非正規雇用の方でも借入をすることが出来るローンはあるのです。

 

その為、借り入れが出来ないのではないかとあきらめていた方も、問題なく利用することが出来るでしょう。低収入の方は、必要以上の借り入れをしてしまうと返済が大変になってしまいますので、必要な金額を明確にしたうえで、計画的な借り入れと返済の計画を立ててから、借入をすることをおすすめします。

 

お金を借りるという事は簡単ですが、返済をしていくのは簡単ではないということを覚えておくといいですね。

 

複数の借り入れ審査

 

借り入れ審査

まとまったお金が必要になったとき、大きな買い物をしたいときなど、金融会社から借り入れをしたいと思うケースもあるでしょう。

 

そういった際には、まず審査に申し込みをする前にしっかりとした返済プランを立てていきましょう。返済プランを立てることで、本当に必要なお金なのかという事や、いくら借り入れをして、何回払いで返済をしていくのかという事、利息はトータルでどのくらいかかるのかという事が明確になりますので、借り入れをしやすくなるといえるのではないでしょうか。

 

そんな借り入れ審査の際に、同時に複数の審査をしてしまったり、審査に落ちてしまったからとすぐに他社の審査に申し込みをするというのは逆効果になってしまい、金融会社にマイナスイメージを与えてしまう事にもなりかねません。その為、審査に落ちてしまったときには自分に落ち度がなかったかという事を今一度考えてみるようにしましょう。

 

以前借入をしていた時に返済がとどこってしまったことがあるという方は、金融ブラックになってしまい、審査に通らなくなってしまっている可能性もあります。
そのため、他社の審査に申し込みをしても審査には通りません。自分の状況を把握してよく検討をした上で、選びたいものですね。

 

借り入れ審査なしで借り入れできる金融会社

 

借り入れ審査

金融会社からお金を借り入れする際に、審査なしで借り入れをすることが出来るという金融会社はあるのでしょうか。

金融会社は審査をすることで、この人は安心してお金を貸すことが出来る人かどうかということを判断しますので、基本的に審査なしで借り入れをすることはできません。

 

例えばわたしたちが家族や知人にお金を貸してほしいといわれたとして、素性の知れない人にはお金を貸すことはできませんよね。その為、審査なしで借り入れをすることが出来ないという事にも納得することが出来ます。しかし、一部闇金融などでは、審査なしで借り入れOKという金融会社もあるようです。

 

しかし、あくまでも闇金融ですので、借り入れをすることはおすすめできません。高額の金利を請求されてしまい、返済が滞ってしまうと自宅や職場まで取り立てに来てしまうという可能性があります。

 

このような状態になってしまうと、自分だけではなく家族や同僚、近所の人にまで迷惑をかけてしまうことになりかねません。

 

また、最悪の場合は職を失ってしまう事にもなりかねませんので、せっぱつまってしまったとしても、闇金融から借り入れをするという事はおすすめが出来ないのです。

 

借り入れをするのであればしっかりと審査をしたうえで、借りるようにしましょう。

 

借り入れ審査が甘い金融会社

 

借り入れ審査が甘い金融会社

お金が必要になったときに、金融会社からお金を借り入れしたいというケースもあるでしょう。そういった際に、どんな金融会社を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そういった際には、借り入れをしたい条件や金額、金利についても借り入れをする前に明確にしておくことが大切です。

 

借り入れ審査の甘い金融会社を希望されるという方であれば、銀行系カードローンよりは消費者金融から借り入れをする方が審査は甘いといわれておりますので、消費者金融を利用してみるといいでしょう。アコムやレイク、プロミスといったテレビCMでおなじみの会社となりますので、知名度もあり安心ですね。

 

また、金利も法律で定められておりますので、闇金融のような借金苦になるくらいの高額な金利にはなりませんので安心することが出来るでしょう。審査に通らないのではないかという不安があるという方の中には、収入はあるけど低収入であったり、職を変えたばかりだという方もいるでしょう。万が一、審査に落ちてしまった場合には、その理由を検討して、それでも審査に通るという金融会社を探してみるというのもいいのではないでしょうか。

 

無理なく賢く借り入れをすることが出来る金融会社を利用されることをおすすめします。

 

借り入れ審査が通らない消費者金融

 

借り入れ審査が甘い金融会社

金融会社からお金を借り入れしたいという時に、借り入れをするには消費者金融か銀行カードローンか大きく分けて2通りがあるといえるでしょう。

 

どの金融会社を選ぶかは、金利を見て比較をしてみたり、借り入れ条件で選んでみたり、いつも利用している銀行から借り入れをしたりと、基準は人によってさまざまでしょう。自分の利用したい条件を書き出して、その条件に合う金融会社を探してみることをおすすめします。審査に申し込みをすると、最短で即日審査結果が出るという金融会社も最近では増えておりますので、スピーディーな対応が喜ばれています。

 

しかし、審査に申し込みをしても、審査が通らないというケースも少なくはないのが現実なのです。審査が通らない原因としては、安定した収入がないという方や、職を転々としているという方、他社からも借り入れをしているという方、過去に借り入れをした分の返済を滞納してしまったことがある方といった、金融事故を起こしてしまっている方は審査に通るのは難しくなってしまうでしょう。

 

そういった方は、借り入れをすることは難しいので、両親や知人から借りたり、借り入れをしない方法を考えていくことをおすすめします。しっかりと返済をすれば年数がたてばまた借り入れが出来るようになるでしょう。

 

キャッシングの借入審査

 

借り入れ審査が甘い金融会社

銀行カードローンや消費者金融などの金融会社からお金を借り入れしたいという時、何らかの理由があってお金が必要になるでしょう。そういった際に、審査に申し込みをするにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まず、借り入れ条件や金利などをみて、どの金融機関からキャッシングをするかという事を選びます。審査に申し込みをする金融会社が決まったら、借入審査に申し込みをしましょう。

 

最近では、インターネット上から審査に申し込みをすることが出来る金融会社が増えていますので、家族にも内緒で借り入れをすることが出来るというメリットもあるのです。無人契約機などを利用すると、知人に見られてしまうのではないかという不安もありますし、人の目が気になってしまう方はなかなか利用することが出来ませんよね。

 

その点、インターネット上での申込なら誰にも気づかれることなく、利用することが出来るので安心ですし、不安なことがあれば電話でオペレーターの方に相談をすることが出来る窓口がありますので、問題なく利用することが出来るでしょう。

 

初めてキャッシングをするという方でも、不自由なく利用することが出来るでしょうし、キャッシングを利用してよかったと思える便利な借り入れが出来るでしょう。

 

嘘の申告で借入審査

 

借り入れ審査が甘い金融会社

金融会社からお金を借入したいという時は、まずは借り入れをしたい金融会社を決めましょう。消費者金融や銀行、その中からもどんな会社を選ぶのかによって、金利も変わりますので、少しでも金利を安く借り入れしたいという方は銀行系カードローンを選ばれることがおすすめです。
その中でも店舗を持たないネット銀行は、その分低金利で借り入れをすることが出来る銀行も多いので、おすすめです。

 

即日融資を希望されるなら、即日融資対応している金融機関を選んでみましょう。消費者金融なら、即日で借り入れをすることが出来る会社も多いですし、銀行カードローンの場合は銀行口座を持っている方なら最短即日可能というところもありますので、借り入れ条件をよくチェックしてから選びたいですね。

 

審査に申し込みをする際には、どうしても借り入れをしたいからといって、嘘の申告をしないように注意をしましょう。申込時に嘘の申告をしてしまうと、嘘はバレますので、審査に通らなくなってしまうという事にもなりかねないのです。

 

嘘は、金融会社に対しての信用も失ってしまうことにもなりかねませんので、素直な申告をして嘘偽りないクリアな状態で借り入れを行うようにしましょう。

 

借入審査の基準

 

借り入れ審査が甘い金融会社

消費者金融や銀行カードローンからお金を借り入れしたいというケースもあるでしょう。例えば、車が壊れてしまって急に買わなければいけなくなってしまったり、急な飲み会の誘いや冠婚葬祭などでお金が必要になるという時もあるでしょう。

 

そういった際に借り入れをすることができれば、すぐにお金を用意することが出来ますね。では、借入をする際の審査基準はどのようになっているのでしょうか。審査基準は借り入れをする消費者金融や銀行によって異なりますが、安定した収入があること、勤続年数が審査基準となる会社もありますので、職を転々としていないか、転職から日は浅くないかといったことも見られる可能性があります。

 

そして、過去の借り入れ履歴も審査基準となりますので、過去に滞納してしまった履歴があるという方は金融ブラックになっている可能性があり、審査に通らない可能性が高いでしょう。

 

そして、年収に応じて返済可能かどうか審査されることとなりますので、これらの条件をクリアすることが出来て、あまり高額な融資を望まれないという方でしたら、借り入れ審査基準を問題なくクリアすることが出来るのではないでしょうか。まずは審査に申し込みをしてみましょう。

 

クレジットカードの借り入れ審査

 

借り入れ審査が甘い金融会社

大人になると1枚は持っておきたいクレジットカード。これから作りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。そんなクレジットカードも、作る際には借り入れ審査があります。

 

クレジットカード会社によっては審査基準は異なりますが、正社員でなくてもアルバイトやパートの方でも作ることのできるクレジットカードや、専業主婦の方でも、旦那さんに安定した収入があれば作ることが出来るというものもありますので、安心ですよね。

 

借り入れ審査の場合、クレジットカードにはキャッシング枠というものがあり、複数クレジットカードを持っていてキャッシング枠がついていると、その分を使っていなくてもキャッシングとみなされてしまうことがあり、あまりクレジットカードを多く持ちすぎてしまうと審査の際に不利になってしまうことがあるのです。クレジットカードのキャッシング枠を利用されているという方は、借入をしている分、しっかりと返済を行っているのであれば問題ないでしょう。

 

クレジットカードが発行されると、コンビニATMからもキャッシングとしてお金をおろすことが出来るものも多いので、急にお金が必要になったときにも安心して利用することが出来るのではないでしょうか。

 

借入審査と銀行借入方法

借入審査と銀行借入方法

まとまったお金が必要となり、銀行からの借入審査を検討されている方も居ることと思います。

 

しかし、これまで銀行からの借入を利用したことがない方にとってはどうやって借入するのか分からない方も居るのではないでしょうか?

 

そこで、銀行融資・借入審査の方法について大まかな流れをご紹介致しますので是非参考にしてみてくださいね。

借入審査と銀行借入方法

 

銀行窓口の融資担当へ相談

銀行の窓口へ伺い借入希望の旨を伝えましょう。
希望の借入額・自社の現状を伝え融資担当者の相談を受けます。

必要書類の準備

借入するにあたって必要な書類を準備します。
詳細は融資担当者からも伝えられます。

申込

借入申込書、その他の必要書類を提出します。

面談・銀行交渉

申込の際もしくは申込み後に融資担当者との面接・面談が行われます。

銀行融資審査

銀行による融資審査が行われます。

借入の実行

融資審査に通ると、借入を行うことが出来ます。

 

これらの段階で銀行から借入をすることが出来ます。何か不明な点や疑問点がありましたら窓口で相談の際に担当者に聞かれることをオススメ致します。

 

銀行が破綻したら借入審査は

 

銀行が破綻したら借入審査は

銀行の借入を検討されている方は、借入をする前にもしもの場合のことも調べておくことをオススメ致します。

 

例えば借入審査をしている銀行が破綻してしまった場合の借入金はどうなるのでしょうか。
こういった場合のことを調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

まず、結論から言いますと預金者が破綻した金融機関に借入金がある場合には預金など(債権)と借入金など(債務)を相殺することが可能となっています。

 

「相殺」を行うことで、預金の払い戻しを受けるのと同様の効果が得られる場合がありますから決して忘れてはいけません。

 

この相殺は自動的に行われる手続きではありません。
破綻金融機関側から相殺を行うことは無く、預金者が意思表示をしなければ相殺の手続きを行うことが出来ませんから銀行が破綻した際には必ず預金者側が意思表示をする必要があることを覚えておいてくださいね。

 

これで、破綻した金融機関に借入があった場合にも「相殺」をすることが出来るということが分かりましたね。

 

借入銀行のメリット

 

今後銀行から借入をすることを検討されている方も居ることと思います。

 

借入審査をすることが出来る場所は銀行以外にもありますが、銀行で借入をするにあたってのメリットをご紹介致します。

 

 銀行のメリットとして考えられること

借入銀行のメリット

  • 最低金利が低いので安心して借入することが出来る
  • 融資の金額が大きい
  • 銀行は証明書不要のローンガ多い(借入条件も良い)
  • 銀行では信頼性の高い取引ができる
  • 主婦でも利用することが出来るローンがある
  • 総量規制対象外のローンなので借入がしやすい

 

上記を見ると分かると思いますが、銀行から借入をするにあたってこのような様々なメリットが存在していますからとても魅力的に感じますよね。

 

特に、金利の低さと融資額の大きさは注目されている方も多いのではないでしょうか。
借換え・ローンの一本化を検討されている方にも銀行借入の融資額の大きさに助けられることも多いですから銀行での借入はオススメです。

 

これが銀行で借入するにあたってのメリットです。

 

借入銀行の金利

 

借入銀行の金利

銀行からの借入を検討している方は事前に様々な情報を入手したいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、銀行で借入するにあたって金利はどのようなものなのか。
借入審査するにあたって、金利によって返済額も異なりますから重要となりますよね。

 

中小企業における銀行借入の金利は一般的には0.9〜3.5%と言われています。

 

銀行によって金利が異なりますから、気になっている銀行がいくつか存在するのでしたら金利の比較をしてみるのもオススメです。
なぜ金利に幅があるかというと4つの原因が考えられます。

 

金利に幅がある4つの原因

  1. 企業の体力
  2. .銀行の種類、体力
  3. 固定金利か変動金利か
  4. 制度融資かプロパー融資か

 

以上のようなことが挙げられます。
銀行が大きいほど低金利になると言われていますから、銀行規模(都市銀行>地方銀行>信金・信組の順)も考えて金利を考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

同じ銀行でも、貸付戦略店・新しい支店などで異なることもありますから注目されてみてはいかがでしょうか。

 

借入銀行を個人で

 

借入銀行を個人で

法人ではなく個人で銀行から融資を受ける際には審査など心配という方も多いのではないでしょうか。

 

銀行からの融資は法人だけが受けるものではありませんし、むしろ個人の方が受ける機会は多いと言われています。
有名なのが教育ローンや住宅ローン、カードローンなどでしょう。

 

銀行から融資を受けるにあたって審査に通過する必要がありますが、誰もがスムーズに審査を通りたいと思いますよね。

 

銀行の審査では、まず勤務先や勤務形態・更に勤続年数を調べます。

 

申し込んだ銀行以外に融資を受けている場所がないか、なども徹底的に調べることとなります。以前借入の経験がある方は、返済を滞ったことがないか、借入事故の経験がないかなども詳しく調べられることとなります。

 

勤務先についても原則としては正社員が求められますが、現在では派遣社員や契約社員でも借入がOKといったところも多く見られますよね。

 

勤続年数は大体3年以上を目安にされているところが多いようです。
是非参考にしてみてくださいね。

 

借入銀行と消費者金融借入の違い

 

キャッシングやカードローンなど借入をするのに利用する会社は大きく分けると2つ。

 

消費者金融と銀行に分けれています。
借入を利用したいけど、どちらを利用するか迷っている方も居るのではないでしょうか。
そこで、今回は消費者金融と銀行の違いについて調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

銀行と消費者金融の違いは銀行は総量規制の対象外なのに対して、消費者金融は総量規制の対象となるため、個人の借入が年収の3分の1までに制限されています。

 

借入銀行の審査

 

借入銀行の審査

他にも、専業主婦の方は総量規制が施行されてから消費者金融からの借入を受けられなくなったケースが多いので銀行のキャッシング・カードローンを利用する、即日融資を希望される方は消費者金融のキャッシング・カードローンを利用するなど銀行から借入をするか消費者金融から借入をするか、それぞれの特徴を理解した上でご自身のライフスタイルに合った借入方法を利用されることをオススメ致します。

 

キャッシングやカードローンなどの借入をするにあたって、銀行から借入を受けるか信用金庫から借入を受けるか迷っている方も居るのではないでしょうか。

 

どちらから借入するかを決めるにあたって、それぞれの特徴を理解した上で借入先を決めることをオススメ致します。

 

借入銀行/信用金庫信用金庫のカードロンーは、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングよりも審査に通りやすいのかを調べてみました。

 

一般的には信用金庫のカードローンの審査は、銀行のカードローンよりは審査に通りやすいと言われていますが消費者金融よりは通りにくいと言われているため、カードローンの審査に通りやすい金融機関ということではなさそうです。

 

信用金庫のカードローンにはどのような方が申込むというと審査の通貨のしやすさを重視されているのではなく「以前から利用している信用金庫だから安心して利用できること」や「担当者が信頼できる」などいった安心感や信頼で選んでいる方が多いようです。

 

教育ローンの借入審査について

 

教育ローンの借入審査

例えばみずほ銀行の教育ローンの場合は、入学先が決まる前でも教育ローンの申込をすることが可能となっていますから前もって学費のことを考えておきたい方にとっては安心できますよね。更に学費以外の教育資金の場合でも申込みが可能となっています。

 

学校に通うにあたって必要な資金を無理なく返済することが出来ます。返済期間は最長で10年、最長5年間<就学期間中(最長4年)+卒業後1年>の元金返済措置も可能です。

 

借入金額は10万円以上300万円以内の1万円単位です。(ただし、今回のお借入と他の無担保借入金残高の合計が前年度税込収入の50%以内であることが条件となっています)

 

お借入期間は6ヶ月以上10年以内の1ヶ月単位で保証人は不要となっています。

 

大変人気のある教育ローンです。

 

銀行借入の保証人

 

銀行借入の保証人

銀行からの借入を検討されている方も多くいることと思いますが、銀行からの借入を利用するにあたって保証人は必要となるのでしょうか?

 

担保には物的担保と人的担保の2種類があり、この人的担保と言われているのが「保証人」を指します。
会社代表者、その妻は必ず連帯保証人となります。銀行融資取引全般については保証約定書に記名・押印することとなります。

 

保証の種類には3種類【包括根保証、限度根保証、特定保証】とあり、包括根保証とは会社の取引全部を保証すること。

 

限度根保証とは例えば3,000万円など決められた金額の借入まで保証すること。
特定保証とはこの債務について保証するといった場合になります。

 

銀行融資にはこのような保証人といった人的担保と不動産担保や預金担保などといった物的担保があるということを理解しておくと、いざ銀行から借入審査をしようとなった際にも困らずスムーズに借入することが出来るのではないでしょうか。
是非参考にしてみてくださいね。

 

借入銀行の審査

 

借入銀行の審査

銀行からの借入は総量規制の対象外となりますから、最近は銀行のカードローンを希望されている方が増えてきていると言われています。

 

銀行のカードローンは金利の低さや限度額が大きいこと、専業主婦でも利用できるところが多いところなどメリットもたくさんありますから検討されている方も多いことでしょう。

 

しかし、利用するにあたって必ず審査に通過する必要があります。
今回は銀行の借入の際の審査について調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

借入審査の申込をして審査を受けるにあたって、当たり前のことですが申込み書にウソを書くのはやめましょう。
借入審査をするにあたってウソを記載しても必ずバレます。

 

ウソで多いのは「勤務先」「他社利用件数」「年収」が挙げられます。
まず勤務先は在籍確認の電話で記載されている会社で勤務しているか確認しますからすぐにバレます。

 

次に他社利用件数ですが個人信用情報に登録されていますから調べたら一発に分かります。
年収も源泉徴収票や収入証明書の提出を求められたらすぐ分かります。
そのため、申込書にはきちんと正しい情報を記載しましょう。

 

学費を銀行で借入する

 

学費を銀行で借入

お子さまの将来の学費についてはどう考えていますか?

 

多くの銀行では、学費を借入することが可能となっています。

 

それぞれの銀行によって特徴がありますので、いくつか検討されている銀行がありましたら、徹底的に比較してみることをオススメ致します。

 

信用金庫から借入するための審査

 

信用金庫から借入するための審査

信用金庫から借入を検討している方も多いことと思います。

 

信用金庫は消費者金融と提携してカードローンに取り組んでいますが、大手銀行やネット銀行とインターネットを通じて競合しています。
キャッシングというと銀行や消費者金融が思いつく方がほとんどだとは思いますが、融資条件を見てみると信用金庫のカードローンの融資条件に驚くことでしょう。

 

信用金庫の中には、キャッシングの実質年率が10%未満で200万円程度のキャッシングが出来るという金庫が少なくありません。
消費者金融では考えられない数字ではありますが、このことを知らない方が多いのが現実です。

 

好条件の融資ですから審査が厳しいと考える方が多いのですが、信用金庫のキャッシング審査は特別厳しいということはありませんね。
審査のポイントとして重要視されているのが「支店の営業区域」です。

 

信用金庫は地域金融機関としての特性から、支店の営業区域内に居住するか勤務先がある方しか信用金庫のサービスを受けることが出来ません。
他には「勤務先での勤続年数が1年以上」「年収制限」が審査のポイントとなります。

 

借入で審査に通らない?

 

借入で審査に通らない?

キャッシングやカードローンの借入を検討されている方にとって、審査って気になりますよね。
借入をするにあたって審査は必須条件ではありますが、中には審査が通らない方も居ます。

 

審査に通らない原因って何なのでしょうか?
実際に審査に通らなかった経験がある方も居ることと思いますが、審査に落ちた際には原因は知らされませんよね。

 

借入の審査に落ちる一番の原因と言われているのが「他社借入件数」です。
他社借入件数とは、他の金融会社から借入を行っている件数のことになります。

 

申込者が他の銀行や消費者金融などから借入があるのか、何枚のクレジットカードを持っているのかということが審査の基準となっており、ローンの審査の際は重要視されているポイントとなっています。
同じ金額のローンを組むとしても、他社借入件数があるかないかでも審査が不利になることがありますから注意してくださいね。

 

ウソで借入審査するのはやめましょう

 

ウソで借入審査

キャッシングやカードローンなど、借入を利用するにあたって必ず審査に通過しなければ利用することが出来ません。
誰もが審査にスムーズに通りたいと思うはずですが、中には通りやすい人もいれば通りにくい人も…。

 

借入の審査に落ちないためにしてはいけないことがいくつかありますが、その中でも最も重要なのが「ウソをつかないこと」なのです。
例えば、勤務先や他社乖離入れ件数、年収など…見栄を張ったり少しでも借入条件をよくしたいからと言ってウソをつく方が稀に居ますが、これらのウソをついても必ずバレます。

 

ウソをついてしまうと逆に信用されなくなってしまい不利な状態になりますからいくら借入条件をよくしたいからと言っても借入審査の際にウソをつくのはやめましょう

 

ウソをついても貸してくれるような怪しい会社から借入するのも、一生を棒にふるようなこととなる可能性もじゅうぶんにありますからやめましょう。
きちんと安心して借りられるところから借入をしましょう。